2015年8月3日月曜日

東京検察審査会、ありがとう!



8月3日正午、福島原発告訴団は、東京第5検察審査会に感謝を伝える検審前行動を行いました。
東京地裁前に集まった参加者は約100人。「被疑者3人全員起訴」という最高の議決を得た喜びで、あちらこちらで祝福の声が飛び交いました。
河合・海渡両弁護士からは、この議決が出るまでの苦労、そして検審をサポートした補助弁護士2名の活躍が語られました。また、これからの裁判は、原発の「闇」の解明につながるだろうという希望も語られました。
最後に、東京検察審査会に向けて、全員で「ありがとうコール」。これまで、地裁前で何回もシュプレヒコールを行ってまいりましたが、一番うれしいコールでした。

午後からは、東京の3つの弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)の各会長宛てに、要望書を届けました。




2015年8月3日
要 望 書
福島原発告訴団
団長 武藤類子
 貴弁護士会の平素からのご活躍に敬意を表します。
 私たち福島原発告訴団は、2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故における刑事責任を追及し、告訴・告発をしている被害者の団体です。2012年に東京電力元幹部らを告訴・告発致しましたが、2013年に東京地検により全員が不起訴処分とされたため、東京検察審査会に申立をし、起訴相当を含む議決、東京地検の再度の不起訴処分を経て、とうとう7月31日、東京第五検察審査会が起訴議決を発表いたしました。
 未だに11万人の避難者が自宅に戻ることができないでいるほどの、甚大な被害を引き起こしたこの原発事故。その刑事責任を問う裁判が開かれることを怒りと悲しみの中で切望してきた私たち被害者は、「ようやくここまで来た」という思いの中におります。
 起訴議決を受け、裁判所が検察官の職務を行う弁護士を指定する際には、裁判所管轄区域の弁護士会に推薦を依頼すると聞きます。歴史的公害事件と言える本件のような大事件を担当する指定弁護士の負担は、あまりに大きいものと推察されます。公正に公訴が維持されるためにも、指定弁護士に対しては、資金的な援助や事務所設置の援助などが必要不可欠と考えられます。どうか貴弁護士会により、指定弁護士への援助をいただけないでしょうか。
 また本件は原発事故という非常に特殊で複雑な要素を持つ事件です。原発事故の真実を明らかにし責任を追及するためには、原発や原発の諸問題に精通した弁護士が担当することが必要かと思います。ぜひ、そのような知見のある弁護士を推薦されますよう要望いたします。
 ある日突然、一般市民の人生を根こそぎ変えてしまうほどの甚大な被害をもたらした原発事故。それを引き起こした者の刑事責任を問うことは、同じ悲劇が二度と繰り返されないよう未然に防ぐことや、私たちの命や健康が脅かされることなく当たり前に暮らす社会をつくることに繋がると信じます。
 告訴にまで踏み切らざるを得なかった被害者の心中をどうかお察し下さり、宜しくご検討をお願い申し上げます。




◆これからのアクション◆

(1) 東京第1検察審査会激励行動&院内集会
2015年8月19日(水)院内集会・参加費無料
12:30~13:15 東京検察審査会(東京地裁)前
14:00~15:30 参議院議員会館講堂
              ・検察審査会議決の解説等
福島からバスが出ます(片道・往復共に1500円)

(2) 告訴団福島県集会(仮)
2015年9月5日(土)参加費無料
15:00~16:45 安積総合学習センター集会室
              ・検察審査会議決の解説等

◆お問い合わせ◆
福島原発告訴団 080-5739-7279
メール:1fkokuso※gmail.com(※ ⇒ @)
カンパ:振替口座 02260-9-118751 福島原発告訴団

チラシダウンロード
https://drive.google.com/file/d/0B6V4ZwGwBEaxNk5LaExldGlwRWc/view?usp=sharing



2015年8月1日土曜日

【応援感謝】東電元3幹部 強制起訴へ!

東京第5検察審査会は、被疑者・勝俣恒久、武藤栄、武黒一郎の3人について、「強制起訴すべき」とする2回目の議決を公表しました。いよいよ裁判が始まります。原発事故の原因解明と責任追及を求めて闘ってきた告訴団の訴えが、ようやく報われた日でした。

武藤類子団長と弁護団は東京で、佐藤和良副団長と役員たちは福島県庁で、それぞれ記者会見を行いました。メディアの注目度も高く、各紙大きく数多く取り上げられています。

これまで福島原発告訴団は、検察や検察審査会に対してさまざまな要請行動を行いました。また全国からたくさんの方々に「ハガキ作戦」にご参加いただきました。これまでのご支援に深く感謝申し上げます。まだ裁判のスタートラインについたにすぎませんが、これから長く続くであろう闘いの行方に注視し、これからも引き続きご支援ください。
何卒よろしくお願いいたします。

*****

◆感謝を伝える検察審査会前行動◆
起訴議決という英断をした検察審査会に感謝を伝える緊急行動を行います。お近くの方、お時間のある方はぜひご参加ください。
8月3日(月)12:00~12:45 東京地裁前

その他、8月19日にも第一検察審査会激励行動と院内集会を行う予定でいます。詳細が決まりましたらお知らせをいたします。


■検察審査会議決

■記者会見映像(ダイジェスト)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1951 (OurPlanetTV) 

■新聞報道
 
■社説
 
 
 
 

2015年7月31日金曜日

【強制起訴へ!】 議決書、団長声明

起訴議決を受けての団長声明
 
2015年7月31日
福島原発告訴団 団長 武藤類子
 
 
私たち福島原発告訴団が2012年に14,716人で行った告訴・告発事件について、東京第五検察審査会は本日7月31日、被疑者勝俣恒久、武黒一郎、武藤栄の3名について起訴議決としたことを発表し、3名は強制起訴されることとなりました。
未だに11万人の避難者が自宅に戻ることができないでいるほどの甚大な被害を引き起こした原発事故。その刑事責任を問う裁判が開かれることを怒りと悲しみの中で切望してきた私たち被害者は、「ようやくここまで来た」という思いの中にいます。
この間、東電が大津波を予見していながら対策を怠ってきた事実が、次々に明らかになってきています。これらの証拠の数々をもってすれば、元幹部らの罪は明らかです。国民の代表である検察審査会の審査員の方々は、検察庁が不起訴とした処分は間違いであったと断じ、きちんと罪を問うべきだと判断したのです。今後、刑事裁判の中で事故の真実が明らかにされ、正当な裁きが下されることと信じています。
福島原発告訴団は、この事件のほかにも汚染水告発事件、2015年告訴事件によって原発事故の刑事責任を追及しています。事故を引き起こした者の刑事責任を問うことは、同じ悲劇が二度と繰り返されないよう未然に防ぐことや、私たちの命や健康が脅かされることなく当たり前に暮らす社会をつくることに繋がります。その実現のために、私たちは力を尽くしていきます。これからも変わらず暖かいご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

  


【速報】 勝俣恒久元東電会長らに起訴議決!強制起訴へ!

本日7月31日、東京第五検察審査会から、告訴団の2012年告訴事件について、東京電力元会長勝俣恒久、元副社長武黒一郎、元副社長武藤栄に対し、「起訴議決」をしたと通知がありました。
3名は今後、裁判所が指定する検察官役の弁護士(指定弁護士)によって起訴されること(強制起訴)が決まりました!
甚大な被害を引き起こしたこの原発事故の刑事責任が、ようやく問われようとしています!

起訴議決
・勝俣 恒久  東京電力株式会社 取締役会長(肩書は告訴当時)
・武藤 栄   東京電力株式会社 前・取締役副社長原子力・立地本部長(肩書は告訴当時)
・武黒 一郎  東京電力株式会社 元・取締役副社長原子力・立地本部長(肩書は告訴当時)


司法記者クラブでの記者会見などの映像
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1951 (OurPlanetTV)


申立について詳しくはこちら

2013年10月16日付記事 東京検察審査会に審査申し立て
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2013/10/blog-post_16.html

2014年8月1日付記事 東電旧経営陣「起訴すべき」の議決!
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2014/08/blog-post_1.html

2015年1月27日付記事 海渡弁護士より不起訴理由への反論!
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2015/01/blog-post_27.html

2015年7月26日日曜日

「ひだんれん」福島県民集会&県申し入れ!

明日7月27日(月)は、福島市にて、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)の集会・デモ・県申し入れ行動が開催されます。
詳しくは、ひだんれんブログをご覧ください!

ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)のブログ
http://hidanren.blogspot.jp/

2015年7月19日日曜日

7・17検察審査会激励行動&院内集会開催!



12:30~13:15 検察審査会激励行動 東京地方裁判所前
14:00~15:30 院内集会 参議院議員会館 講堂


東電勝俣元会長らの罪を問う「2012年告訴」の検察審査会議決が、今日にも出るのではないかと噂が囁かれる中、激励行動が行われました。東京地裁前には200人を超える告訴人と支援者たち。福島のバスには21人が乗車し駆けつけました。
地裁前に集まった参加者らは、「東電原発事故との責任を追及してほしい。この罪が問われないから無責任な再稼働が始まる。福島が繰り返される」と口々に訴えました。
午後からは場所を参院議員会館に移し、4人の告訴人から事故直後の惨状や現状報告がありました。
東電株主代表訴訟の場でも、「津波対策は不可避」と話し合ってきた会議録が出てきています。勝俣氏、武藤氏らの責任と罪が、司法の場で問われる日が、いよいよ近づいてまいりました。検察審査会のみなさんが、賢明で誠実な判断をしてくださることを信じております。


◆報道

告訴団体「強制起訴を」=東電福島原発事故で集会-東京(時事通信社)



◆動画

20150717 UPLAN 【激励行動・院内集会・酷い政府交渉】福島原発告訴団7・17検察審査会激励行動と政府交渉  
三輪さんの愛機のカメラが途中で壊れてしまいました! いつでもどこでも、大手メディアが来ない場所にも駆け付けてくれたカメラ。ありがとうございました。



2015年7月3日金曜日

「7・17検察審査会激励行動&院内集会」&「7・27ひだんれん県交渉」

7月17日と27日、2つのアクションをお知らせします。



◆7.17検察審査会激励行動&院内集会◆ 
東電勝俣元会長らの罪を問う「2012年告訴」の検察審査会議決が、近く行われるかも知れません!
審査員の方々に、最後(かもしれない)の一押しを行いましょう!
院内集会では原発事故被害者が切実に語るリレースピーチを行います。

7月17日(金) 参加無料
12:30~13:15 検察審査会激励行動 東京地方裁判所前
14:00~15:30 院内集会 参議院議員会館 講堂

*福島からバスが出ます!
行き  7:10 福島駅西口発
      8:10 郡山教組会館発
帰り 16:00 参議院議員会館前発
片道・往復とも1500円です。
・乗車場所
・当日連絡のつく電話番号(携帯電話)
・片道か往復か
をお知らせください。

電話 080-5739-7279  メール  1fkokuso☆gmail.com(☆を@に)


◆ひだんれん始動! 福島県民集会&対県申入れ行動◆ 

政府と県は住民の声を聞かず、帰還困難区域を除く指定区域の解除と区域外避難者への住宅支援を2017年度まで、地区住民への精神的損害の賠償を2018年度までで打ち切ると発表しました。
福島県は2012年に成立した「支援法」に則り、原発事故被害者が自らの意思で避難や居住の選択を行えるよう努め、住宅支援を継続し、政府に区域指定と賠償の継続を求めるべきです。
ひだんれんは7月27日に福島市において県民集会を開催し、その後、福島県庁に申し入れを行います。ぜひお集まりください!

■国と県は勝手に決めるな!被害者の声を聞け!
 住宅支援・区域指定・賠償の継続を求める福島県民集会&対県申入れ行動■

7月27日(月) 参加無料
11:00~ 集会、申入書採択 福島テルサFTホール(福島市)
12:00~ デモ 福島県庁へ
13:00~ 申入れ、交渉 福島県庁

詳細は「ひだんれんブログ」をご覧ください
http://hidanren.blogspot.jp/